TOP / 留学 2018.12.11

BIGTREE ENGLISH 現地リゾートリポート~フィリピン最後の秘境コロン~

SHARE

こんにちは。

2月に続き再びフィリピンのBIGTREE ENGLISHに行って参りました!

今回はクラークを拠点に生徒さんが週末に行くことができるリゾート地を色々見てきました。

BIGTREEはクラーク空港から車でわずか4分。その地の利を活かして日本にいては行き難い秘境と呼ばれるような場所にもひとっ飛びで行くことできるのです。

まず向かったのはフィリピン最後の秘境とも呼ばれるコロン。コロン島という島があるのですが、この島には人が住んでいない為、まずはブスアンガ島のコロンという町を目指します。

フィリピンエアの小型機でクラークからわずか1時間。ブスアンガのフランシスコ・B・レイズ空港に到着。

なんだか倉庫のような建物です。

預けた荷物はここに出てくるらしいのですが、レーンの形してますが木製で動きません。単なる木製の台です。

初めての体験 廻らない荷物レーン

 

めっちゃ衝撃。陳列台のように荷物が並べられます。

荷物を取りホテルへと向かいます。

中級以上のクラスのホテルであれば空港間との乗合シャトルバスがありますがそれ以外のところに宿泊していたり、乗合は嫌だということであれば全て駅前、もとい空港前で交渉すれば何とでもなりそう。ただしある程度の英語力や交渉力は必要になってきます。

そしてバンに揺られて40分ほど、コロンの町の中心部に到着。

中央に見える黄色い建物が観光案内所、この辺りを中心に町の一番賑やかなところが広がっています。

といってもこんな感じ。かなりの田舎。自動車はあまり走っていなくてバイクかトライシクルが殆どですね。

コンビニは1件も見なかったしスタバやマクドナルドのような欧米系のチェーン店も全くありません。久しぶりにそういうところに行きました。

まあ、日本もちょっと島に行くとそんな感じですよね。

こんな感じの売店は沢山あるのでお水やお菓子、石鹸などのちょっとした日用品は何処でも買えます。

アイスクリームやアイスキャンディーを売る人がチリンチリンと鈴をならして廻っていました。なんだか30年代までの昭和にタイムスリップしたみたい。

到着してすぐにカヤンガンレイクのあるコロン島に行くことにしました。

停泊している船に乗ります。

コロン島が近づいてきました。

 

海の色が変わってきます。

ここからわたしたちはこれまで見たことのないような景色を目の当たりにするのですが、その様子は是非皆様動画でお確かめください。

さて、島に到着してすぐにまさかの登山です。

ちょっと登ると聞いてはいたのですが大したことないだろうと高をくくっておりました。足が全く上がっていかない。やっとのことで登りましたがその先にはまた絶景が待っていました。

今入って来た入り江が見下ろせます。切り立った岩山とエメラルドグリーンの海。そして浅瀬は下まで透き通って見え、そこに小さな船が入ってくる様は何ともいえない美しさです。

そしてこの山を越えた向こう側にカヤンガンレイクがあります。バスクリンのお風呂みたいな色の湖ですが透明度は高く、泳ぐことができます。

ただし、着替える場所はないので気になる方は船に乗る前に水着を着込んでおくなどしておく必要があります。

シュノーケルの道具などは船に乗る前に借りられます。

救命胴衣を着用していないと先程の山自体に入れません。シュノーケルの道具がなくてもぷかぷか浮かんでいてもお魚の姿が見られます。

そしてまた来た道を戻り、再び船に乗り今度はツインラグーンと呼ばれる双子のラグーンへ到着。

ここの水も大変綺麗で先程のカヤンガンレイクよりも沢山魚が見られます。

この入り江で人生で初めて水槽に入っていない天然物のニモ(クマノミ)を見ることができました。

写真右手奥に小さな洞窟があり、それを抜けると全く風景の異なる湖に出ます。そしてここの水が何故か上の方は冷たいのに下のほうは温かい。物質は温かいものが上に行くという常識を破る不思議な場所でした。

今回私達は1日廻る時間も体力も無かったので、船を貸切にしました。船のチャーター代金は3500PHPほど。それにカヤンガンレイクの入場料各自300PHPツインラグーンは入場料各自200PHPかかります。

ツアーに入り乗合で行くともう少し安くなりますが大体このカヤンガンレイクが入ったコースは900~1500PHP程度。ランチが付いたり別料金だったり、入場料が入ったり別だったりで料金が変わります。

どのツアーも朝8:30出発で夕方に帰着のようなので、時間に制約がある場合はチャーターしてしまった方が良いかもしれません。

フィリピンの旅レポート、暫く続きます。どうぞおつきあい下さい。

 

 

 

 

クラーク フィリピン留学
クラーク フィリピン留学
PR
SHARE
この記事を書いた人

Featured

SERVICES

© 2019 GOODCROSS / privacy policy