TOP / 留学 2018.12.14

BIGTREE ENGLISH 現地リゾートリポート~続・最後の秘境コロン~

SHARE

コロンの見どころはアイランドホッピングや海だけではありません。

他にも魅力はいっぱい。

町の中心部どこからでも見られるCORONのサインが輝くこの山がタピヤス山。頂上からの景色がとても良いというので登ってみることにしました。

コロン CORON

ハイキングコースのような坂道を登るのかと思っていましたら全部階段です。

ちょっと0がひとつ薄くなってますがここは60段目ではなくて600段目。

全部で720段くらいなのですがここからが辛かった。まず温泉に行ってから山に向かえば夕方に近い時間から登ることになりそれなら暑くないと考えておりましたが、トゥクトゥクの運転手さんに順番間違えられてしまい、まだ日の高いうちに登り始めた為暑いのなんのって。しかも1人ぼっち。

もう降りようかと思い始めた時に視界が開けました。

まだ頂上ではありませんが、もうあと少し。ここからの眺めも綺麗です。

あのサインが目の前に。その1段上が頂上です。

わあ~!

島々が一望できます。コロンの町も海もきらきらと美しい。しんどかったけれど登って良かったです。

下山して次の目的地マキニット温泉に向かいます。

途中、ずっと山道を走っていくんですが山の中腹あたりにはバラックみたいなお家が建っていてそこの子供達が遊んでいる様子が本当に可愛いんです。飼っている鶏を追いかけまわしたり、穴をのぞき込んだり、何か特別なことしてるわけではないのに、とっても楽しそうで。無邪気で。昔は日本もああして子供は遊んでいたんだよなあと思いました。幸せって何なんだろうとか色んなこと考えちゃいました。

そんなこんなで町の中心部から20分ほどでマキニット温泉に到着。入口で200phpを支払い入場します。

200php払うだけのことはあり、中は思っていたより高級感がありちゃんとしてます。

ここをずずずいと進みますと、視界が開けまして温水プールのような温泉が出現します。

温泉の温度は40℃。ぬるいという噂も聞いていたのですが、ぬるくないです。なかなか適温。

向こうは海なので眺めも良いですし、心地よい風が吹いてくるので、足だけ浸かったりベンチで休んだりしながら結構みんなゆっくりしています。

お客さんは殆ど欧米の方でしたがここでコロンに来て初めて日本人に遭遇しました。やはり日本の人は温泉好きなんですねえ。

マキニット温泉

下は黒っぽい砂でかなり厚く砂が敷かれている感じでした。

タピヤス山に登ってサンセットを撮影するつもりでしたが順番違えちゃったので急いで帰途につきます。が間に合わずトゥクトゥクの中から美しい夕焼けを鑑賞。

おまけ。

翌日、宿泊するホテルのベランダから裏の方を見上げてみたら、なんとすぐそこに前日登った山の頂上が見えました。ホテルはタピヤス山の裏手中腹に建っていたのでした。もっと地図をちゃんと見ておかないとね。だからと言ってここから柵を越えて途中から登ることはできないんですが前日の疲れがどっと出た瞬間でした。

一旦クラークに戻ります!

クラーク フィリピン留学
クラーク フィリピン留学
PR
SHARE
この記事を書いた人

Featured

SERVICES

© 2019 GOODCROSS / privacy policy