決済、印刷、コンタクトセンター、留学事業を行っている五反田のグッドクロスです。
facebook Twitter
2018.05.17 (木)

「強請」の読み方

kyose

「お すみ さん…… わたし 見事 ろごと 強請 ねだ つたね。―― 強請 ねだ つたより 強請 ゆすり だよ。いや、 時刻 じこく だから 強盗 ごうたう 所業 わざ です。しかし 難有 ありがた い。」
※旧漢字を全て新字体に変えております。

泉鏡花の『鷭狩』の一節です。彼の作品は全て総ルビなので漢字を読めた気になって、ついついつるつるっと読み進めてしまうのですが、ふと違和感が……。
ちょっと待てーい! 「ねだる」のと「ゆする」のって同じ漢字なの?!!

辞書で引く「強請」

気になったので私の10年来の相棒であるCASIOの電子辞書ちゃんに聞いてみました。「強請」と入力して漢字検索です。
その結果がこちら。

きょう-せい【強請】
〈名〉(スル)無理に頼むこと。また、ゆすること。ごうせい。
引用:大辞泉

もが・る【強請る/虎落る】
〈動ラ四〉
①異議を申し立てる。逆らう。
②言いがかりをつけて金品をねだる。ゆする。たかる。
引用:大辞泉

ねだ・る【強請る】
Ⅰ〈動ラ五(四)〉
①甘えたり、無理に頼んだりしてほしいものを請い求める。せがむ。せびる。
②難癖をつけて要求する。ゆする。、
③ぐずぐず文句を言う。ごねる。
Ⅱ〈動ラ下二〉Ⅰに同じ。
引用:大辞泉

ゆすり【強請】
〈名〉人の弱みにつけこんで金品をおどし取ること。また、その人。
引用:明鏡国語辞典

ひぇー! こんなに読み方があるのですか!
それに、「もがる」なんて言葉、初めて知りました。ただ、どれも漢字の意味通り「強く請う」という言葉の核は同じですね。

作品で使われるふりがな

また、青空文庫が無償で提供している作品データのうち著作権保護期間が満了しているものや、Wikipediaに登録のある文章のふりがなを検索できる「ふりがな文庫」さんで調べてみると、「せがむ」「せびる」「いたぶる」といったルビが振られているものもあることが分かります。
どれも「強請」という漢字から連想はできそうですが、ルビが振られていないと初見で読み下すのは難しいでしょう。作者があえてその漢字を用い、「こう読んでほしい」という思いを込めて振ったふりがな。しっかり味わいたいですね。

さて、ルビが振られていないものに関しては、これはもう、前後の文や送り仮名から推察するか、調べてみて一番しっくりくる言葉で読むしかないでしょう。
もしかしたら作者の意図しない解釈が生まれ、それはそれで作品の新しい楽しみ方ができるかもしれません。

カテゴリー: 言葉

タグ:

投稿者:

pagetop