決済、印刷、コンタクトセンター、留学事業を行っている五反田のグッドクロスです。
facebook Twitter
2016.05.12 (木)

YouTube、スキップできない「バンパー広告」の配信を開始

youtube バンパー広告

今月(2016年5月)から、YouTubeに「バンパー広告」という新しい形式の広告が加わります。

「バンパー広告」は、動画を再生する前に表示される6秒間の広告で、スキップできないという大きな特徴があります。スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末ユーザーを対象に、配信されるとのことです。

YouTubeで動画再生前に流れる広告を「インストリーム広告」といいますが、その中でもよく見かけるのは、開始5秒で「広告をスキップ」というボタンが現れ、広告を飛ばすことができるタイプ。

これらの広告を比較してみましょう。

■ 主なインストリーム広告
特徴 バンパー広告 スキップ可能な動画広告
再生時間 6秒 12秒~3分程度を推奨
スキップ 不可 5秒後から可
対象メディア モバイル端末 PC・モバイル端末

つまり、新たに導入されるバンパー広告とは、「最後まで見てね。その代わりにうんと短くしたから」という広告なわけです。

最初にこのニュースを見たときは、「スキップできない」というところに反応して、「最悪…」「おのれYouTubeめ…」「これから動画はVeohで見てやる!」と、スマートフォンをブンブン振り回してひと暴れしました。
でも、よく考えてみると、広告が流れるのはほんの6秒なのです。

従来の広告で、「広告スキップまであと○秒…」と、動画右下のカウントダウン表示を睨みつけている5秒間というのは、ものすごく非生産的ですよね。当然広告の内容も頭に入ってきません。スキップボタンをクリックするのも煩わしい。
それに比べたら、6秒間だけ、企業のメッセージとマーケティングのノウハウが詰まった広告を眺めてから、目当ての動画を観賞するのもいいんじゃないでしょうか。

広告というのは、本来嫌なものです。しかし、制約から生まれる工夫があると思います。
6秒という制限は、広告を簡潔で面白いものにしてくれるんじゃないか、と、期待しています。

カテゴリー: Web

タグ: , , , , ,

投稿者:

pagetop