決済、印刷、コンタクトセンター、留学事業を行っている五反田のグッドクロスです。
facebook Twitter
2017.10.17 (火)

総務山田キリマンジェロの旅 前半【アフリカ最高峰への挑戦!】

総務山田キリマンジェロの旅 前半

原点は「野生のエルザ」

アフリカに行きたい。子供の頃「野生のエルザ」を(たぶんNHKで)夢中で見ました。ケニアの狩猟監視官が人食いライオンとして射殺された母ライオンの子にエルザと名前をつけてかわいがり育てていくのですが、大人になったエルザを野生に返さないとならなくなって、その奮闘ぶりを描いたノンフェクションドラマです。

ドラマはエルザがやっと野生にもどっていく感動のシーンで終わるのですが、実はドラマには続きがあって(本によると)その監視官は最後エルザの子ライオンに殺されるのです。その衝撃の結末は子供心に自然界の不条理さと生きることの大変さを感じさせました。

アフリカには動物の原点がある。弱肉強食の世界を見てみたい。その思いはずっとあって、山に登るようになったらキリマンジャロがさらにアフリカへのあこがれを膨らませていきました。キリマンジェロは素人が登れる山の最高峰とだといいます。イッテQのイモトも最も美しい山に挙げていました。

いざ、アフリカへ!

成田からエチオピアまで15時間。エチオピアからタンザニアのキリマンジェロ空港まで2時間半。キリマンジェロ空港から1時間くらいバスに乗ってモシという町まで行きます。そしてモシから登山口までさらにバスで1時間。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登頂開始

スタート地点は1820mのマラングゲート。キリマンジェロに登るには必ずガイドをつけないとなりません。14人のグループとさらにコックとポーター総勢30名ほどの大所帯。各山小屋で料理をするための食器やガスコンロ鍋なども運び大名行列のようになるのかとおもいきや、ポーターたちは足が速くとっとと行くのでそうでもない。

スタート地点は1820mのマラングゲート。
スタート地点は1820mのマラングゲート。
ポーターの荷物を測って出発
ポーターの荷物を測って出発
最初はジャングルの中を歩きます。
最初はジャングルの中を歩きます。
ランチボックス
ランチボックス。筋肉質のチキン。噛めば噛むほど味がでる!

お昼のランチボックス。りんご、バナナ、サンドウィッチ、キュウリにニンジン、フライドチキン、ヨーグルト、春巻きなど、私の好きなものばかりでついつい食べ過ぎ……弱った胃腸にダメージを……。そこからすっかり体調崩してしまいました。

初日はマンダラハット2730m、2日目、3日目はホロンボハット3720nの山小屋泊。山小屋は6人部屋、大部屋などがある。
初日はマンダラハット2730m、2日目、3日目はホロンボハット3720mの山小屋泊。山小屋は6人部屋、大部屋などがある。

 

ホロンボハット(3720m)の朝、雲海が広がる
ホロンボハット(3720m)の朝、雲海が広がる

下痢と嘔吐に苦しみ、早くも二日目で家に帰りたい病が! その後もずっと食欲不振が続きます……。

そんな時に思い出したのが、行きがけに会社でもらった磯部もち! これなら食べられる! そして、消えかかった会社の同僚からのメッセージを読み、このままでは帰れないと、気持ちをふるい起した。

命をつないだもち!
命をつないだもち!

 

22045667_1165403633591459_9133707878434467235_n

ゼブラのような縞模様のゼブラロック。高度順応日に。今回女性6名中私は最年少。平均年齢65くらい!?パワフルでエネルギッシュ、そしてとてつもなくポジティブなメンバーの皆さんには勇気と希望をいただきました。
ゼブラのような縞模様のゼブラロック。高度順応日にトレッキングしました。今回女性6名中私は私はなんと最年少。平均年齢65くらい!? パワフルでエネルギッシュ、そしてとてつもなくポジティブなメンバーの皆さんには勇気と希望をいただきました。

高度をあげてくるにつれて植生が変わっていきます。

キリマンジェロでは有名なジャイアントセネシオ。きのこみたいににょきにょきと。
キリマンジェロでは有名なジャイアントセネシオ。きのこみたいににょきにょきと。

 

大きいものは5mも!!
大きいものは5mも!!

ホロンボハット(3720m)からキボハット(4702m)への道はほとんど荒野。そして担架を乗せた一輪車が4回ほど猛スピードで通りぬけていきビビる。あれだけには、乗りたくないなあ……と思う。

21764925_1165405550257934_7413778207105418266_n

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ガイドさんがカメレオン発見! 小さいので子供かと尋ねるとおじいちゃんだと教えてくれた。(なんでおじいちゃんだってわかるの!!?)

やっとここまで来た! キボハット4708m!

雲に隠れかかっているキボ峰がバックにそびえたつ
雲に隠れかかっているキボ峰がバックにそびえたつ

 

この日は17時ごろに夕飯を食べて仮眠をとります。そして22時に起きて23時には出発。

21764832_1165404643591358_5101582695371998411_n

出発前の夜食は赤いきつね! 食欲不振で半分しか食べられませんでしたが、そのおいしいこと!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

円陣組んで気合いをいれて登り始めます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

暗闇のなか、現地ガイドさんが歌うアフリカの歌や賛美歌に合わせ皆のヘッドライドがゆらゆらゆれる。リズミカルで合いの手が入る音楽にアフリカ特有の空気を感じる。半分寝てたのか、それとも半分気を失いかけてたのか、歩いている横に山小屋とテラスがずらっと並んでる幻影が見えてました。(もちろん実際には何もない)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
雲海のむこうが少しずつ明るくなってきた

背後のマウエンジ峰から朝日が! 体が目覚めるのを感じます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あと、もう一息っ!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

5681mに到着!

 

やった~! ギルマンズポイント5681mに到着!! ガイドさんが涙してます……皆で抱き合い喜びを分かち合う。空気が薄いせいか高度が高いせいか宇宙にいるみたい……(と写真を見ながら思うがなんだか夢の中にいたような気がしてあまり覚えてないのですが)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
右からガイドのデザリオ、ポーターのパストーレ

ギルマンズポイントからも遠くに氷河が見えた。感激!

しばし景色に見とれるが、さらに上を目指す人と下山者に分かれてすぐに出発します。 ここまで来れると思わなかった私はすっかり満足して下山を選びました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最高地点のウフルピーク(5895m)、次男よくがんばった!(ほんと青い地球にちょこんと座った感じですよね。)

遠くに見えるのが年々溶けてきてるという氷河。ヘミングウエイによるとヒョウが眠っているという。。
遠くに見えるのが年々溶けてきてるという氷河。ヘミングウエイによるとヒョウが眠っているという。。

下山開始。太陽が出てくると途端に暑くなって途中何度が吐きました  (;´д`)=3

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登山後は途中休憩いれながらも一気に3720mの山小屋まで降ります。緑が増えて酸素が増えると安心します! 緑の大事を身をもって感じる瞬間。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
体力使い果たした~

  行き通った道なのに帰りは違う風景に見えた。

 

日本に帰ったら何食べよう。。やっぱとんかつだな。
 「日本に帰ったら何食べよう。。やっぱとんかつだな。」
次男「この道好きだわ~」行きも通った道だけど、帰りはまた気持ちが違います。
「この道好きだわ~」

そしてやっと登山口に到着です! 帰ってきたぞ~!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

登り終えて思うこと。

登頂した時は気持ち悪さが大きくて何かを感じる間もなかったけど、今思い出してみると夢のように楽しい時間でした。

最初はちょっと怖かったポーターさんたちも本当に優しくて、毎朝運んでくれる洗面器の温かいお湯と紅茶に生き返りました、道中話してくれる家族や生活の話はとても真面目さや愛情深さを感じました。最後の登りでは、自分のホッカロンを渡してくれたり私のだらだらな鼻水さえも、自分の手袋でふいてくれた。登頂させてくれようと皆が一生懸命なのが伝わってきてがんばれました。

こんな私が登れたのだから、誰でも登れるのだと思う。ただ、それをやろうとするかしないか……。
もしかしたら、それは何に関しても言えること?
そんなことに気がつかせてくれたキリマンジェロでした。

カテゴリー: 社員日記

タグ:

投稿者:

pagetop