TOP / 言葉 2022.10.14

「帰社」「退勤」「退職」「退社」の使い分け

SHARE
ネクタイ

紛らわしい言葉に「帰社」「退勤」「退職」「退社」があります。
今回はこの4つの言葉を一つずつ見ていくことで、より適切な使い方が何であるかをご紹介します。

帰社

「帰社(きしゃ)」とは「外出先から自分の会社に帰ってくること」です。
「帰」と「社」という字が使われているので、「会社に帰る」のか「会社から帰る」のか紛らわしく感じるかもしれませんが、間違えないように注意しましょう。

なお、出先から直接家に帰ることは「直帰(ちょっき)」です。
例えば、今日は出先から会社に戻らずに帰るときは

・本日は帰社予定はありません。
・本日は直帰予定です。

と表現します。

退勤

「退勤(たいきん)」は「その日の仕事を終えること」です。
反対に「勤務を開始すること」は「出勤(しゅっきん)」と言います。
退勤も出勤も会社にいる・いないに関わらず使うことのできる言葉です。

退職

「退職(たいしょく)」は「勤めている仕事を辞めること」です。
定年退職という言葉もあるように、雇用関係が終了した際に用いられます。
似た意味を持つ言葉に「退社」がありますが、退社は会社を辞めるときにしか使えたないのに対して、退職は公務員などの会社勤め以外の人も使うことができる表現です。

退社

「退社(たいしゃ)」には意味が2つあります。

一つは先にも紹介したように「今まで勤めていた会社を辞めること」。
もう一つは「勤務時間が終わって会社から出ること」です。

ちなみにそれぞれの対義語を見てみると、「会社に就職すること」は「入社(にゅうしゃ)」で、「勤務時間が始まって会社に行くこと」は「出社(しゅっしゃ)」です。
2つの意味の対義語に使われる漢字が「入」と「出」で反対なのが面白いですね。

「退社」という言葉は混乱を生みやすく、例えば電話対応などで「○○は退社しました」と言うと、会社を辞めたのか、会社から帰ったのかがわかりません。
会社を辞めた場合は「退職」を使い、会社から帰った場合は「退勤」を使うか、せめて「本日は退社しました」と助詞を付けるようにしましょう。

 

参考:デジタル大辞泉(小学館) / マイナビジョブ20’s(「退社」はいつ使う?紛らわしい「帰社・退勤・退職」との違いを理解しよう) / マイナビニュース(帰社・退社・退勤・退職……ちゃんと使い分けできてる? 【ビジネス用語】) / Oggi.3jp(「帰社」はどんなときに使う? 意味や退社との違い、ビジネスの注意点を解説 ) / リクナビNEXTジャーナル(電話で「帰宅したこと」を伝えるのは「退社」でOK?退社・帰社・退勤の違いは?) / TRANS.Bis(帰社」の意味と使い方!敬語表現と「退社」「退勤」との違いも)

24時間365日対応コールセンター
コールセンター ビーコール
PR
SHARE
この記事を書いた人

Featured

SERVICES

個人情報保護方針 / © 2022 GOODCROSS