TOP / 社員日記 2022.06.10

もっとTokyo 都民割りが今日スタート! 解説します

SHARE

もっとTokyoとは

物議を醸したGotoトラベルでしたが、今度こそ、人々の気持ちも経済の本格的再開、観光にも出かけようという気持ちが高まっていると感じられます。

東京都は本日2022年6月10日(金)正午より、もっとTokyoという愛称で、東京都民を対象に、都内に旅行する際の支援事業を開始しました。

このもっとTokyoについて調べてみました。

まず重要だなと思ったのは、都民による全ての都内の旅行が割引になるわけではなく、この事業に登録した業者の旅行商品を利用する必要があるという点です。

もっとTokyoの公式サイトにも

本事業へ登録した旅行会社等が企画・販売する、都民が対象の都内を宿泊地や目的地とする感染防止対策を徹底した旅行商品が支援の対象となります。

とあります。

また、ワクチン接種歴(3回)又はPCR検査等での陰性が確認できた方が対象という点です。

では早速ご説明します。

販売期間

2022年6月10日(金)正午~

実施期間

2022年6月10日(金)~7月31日(日)まで(8月1日チェックアウト分を含みます)

「取扱事業者が販売するすべての旅行商品が対象となるものではございません」と公式サイトにあるので、販売時に「この商品はもっとTokyo対象です」「対象外です」などの記載があるかもしれません。確認してください。

また、もっとTokyoのサイトには取扱い事業者の検索がありますのでわかり易いです。

割引内容

宿泊旅行は1泊5,000円、日帰り旅行は1回2,500円の定額の助成
※1回の旅行の宿泊上限は1人5泊です
※利用回数に制限はありません

18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある方は1,000円上乗せで助成いたします。
※参画事業者や商品によっては上乗せの助成の取り扱いがない場合があります。

「18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある方」という表現がわかり難いですが、調べてみると法律・条例などはほぼこの書き方なのですね。
要は高校卒業までの子供、「児童」を指します。

助成対象は宿泊1泊6,000円以上、日帰りは3,000円以上なので、子どもは無料となる可能性もありです。

割引対象

6月10日以降に予約が成立した「もっとTokyo」対象商品に適用

ワクチン接種歴(3回)又はPCR検査等での陰性が確認できた方が対象

3回目のワクチン接種が完了しているかPCR検査または抗原定性検査で陰性となり証明書を持っていることが条件となります。

3回目までのワクチンが完了している方

予防接種済証、接種記録書、接種証明書、接種証明書アプリ(デジタル庁)
※予防接種済証等を撮影した画像や写し(コピー)の提示でも問題ありません。

それ以外の方

事前にPCR検査、抗原定量検査、抗原定性検査のいずれかを受診の上、陰性証明(検査結果通知書)を提示する。
検査結果通知書には、以下の①~⑦の全ての記載が必要です。
①受検者氏名、②検査結果、③検査方法、④検査所名、⑤検体採取日、⑥検査管理者氏名、⑦有効期限

検査結果の有効期限は以下のとおりです。
【PCR検査・抗原定量検査】旅行・宿泊開始日の3日前以降のもの
【抗原定性検査】旅行・宿泊開始日の前日以降のもの

また、PCR検査などの費用は自己負担となります。
(ただし、都内の指定の検査実施場所で、無料検査が利用可能)

ワクチンが3回まで完了している方が簡単そうです・・・。

後日提出は不可、グループの場合は提出した人のみが割引となります。

利用方法

取扱い事業者へ直接申込み(窓口で直接、またはWEBより申込)

住所及び子供の年齢確認のための「身分証明書」「ワクチン3回接種またはPCR検査等での陰性が確認できる書類」を用意

および「利用申込書」を用意、提出
※利用申込書が必要です。もっとTokyoのサイトから取得できますし、旅行会社から申込の際メールなどで送られてくるようです。

支払い

ざっと説明しましたが、詳しくはもっとTokyoのサイトをご覧ください。

もっとTokyo公式サイト

※既に完売のホテルなどもあるようですのでご利用になる方はお早目が良いかもしれません。

東京都内といえども、奥多摩や八丈島など、大自然に触れたり、都内のホテルでお洒落に過ごしたり色々自分にあった体験ができそうですね。

 

 

PR
PR
SHARE
この記事を書いた人

Featured

SERVICES

個人情報保護方針 / © 2022 GOODCROSS