TOP / 社員日記 2017.10.23

総務山田キリマンジェロの旅 後編【サファリの巻】

SHARE

総務山田キリマンジェロの旅 後編

ウォーキングサファリ

最終日はキリマンジェロ空港の西にあるアルーシャ国立公園にウォーキングサファリに行きました。

モシの町から1時間半くらいバスに乗ります。バスから見える風景では広い荒野が続きますが、所々に人が集まるマーケットがあり村があります。マーケットにはバイクでたむろしている若者がいますが、暴走族ではありませんよ~。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここでは、タクシー代わりにバイクを使います。値段は交渉によって決まるそうです。でもあんまり乗っている人は見なかったなあ。皆さん、とてもよく歩いてるイメージ。

ポーターもそうだったけど頭に物を載せて運ぶのが基本形。この体幹をぜひ手に入れたいものです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

頭に荷物を載せて手放しで歩く人も!

そしてバスからは、かの有名なマサイ族が牛やヤギを連れて歩いている姿もたびたび見かけました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

放牧中のマサイ族

マサイ族は一夫多妻制

マサイ族は昔ながらの生活を継続していて牛やヤギを育て、赤い衣装にビーズの飾りをつけ、男性は槍をもっています。

一夫多妻制で強い男は奥さんが18人いたりするらしく息子に「18人もいるならお母さんも結婚できるかもね。」などとほざかれたが、気にしないことにします……。昔はライオンを倒した男がモテたというが最近は牛の数で決まるとか。(どこの世界も世知辛い)

マサイ族は元々頭がいいので商売して成功してる人もたくさんいて、最近は牛の売買もネットでやってるとか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

アルーシャ国立公園は草食動物の宝庫で、歩きながらサファリができる珍しいところです。必ず銃をもったレンジャーが付きます。だが、ご安心ください。動物を撃つことはなく、もし水牛などが襲ってきても空に向かって撃つことで危険を避けるのだそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あれ?食欲なくてやせたはずが、、むくんでるのでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水牛の骨、重い~~っ

ふんころがし 想像以上にでかくてカブトムシのメスくらいです。後ろ足でフンを丸めます。

ふんころがし
想像以上にでかくてカブトムシのメスくらいです。お行儀よく後ろ足でフンを丸めます。

イボイノシシ発見

イボイノシシの親子発見! お母さんにくっついている子供イノシシ4頭。アニメそのままでかわいい。私のお気に入りです!

こっちをじーっとみてる。

こっちをじーっとみてるよ

キリンにシマウマ

キリン発見! 野生のキリンと同じ場所に立っているって感激。木の実を食べる種類と草を食べる種類がいて草を食べる種類の方が暴れん坊なんですって。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本当にキリンの目ってやさしい。

22007436_1165406413591181_5022487318525624952_n

シマウマ、水牛、木には猿の親子も!

きれいな模様。

シマウマの模様ってなんてきれいなんでしょう

ヤシの木の下には貫禄のある奴がいる

ヤシの木の下には貫禄のあるボスがいる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おかあさんの背中にしっかりしがみつく子ザルちゃん!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

広い草原と遠くに見える山々。雄大な景色にゆったりとした気持ちになる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フラミンゴも飛んでくるというモメラ湖でアフリカ最後のランチ。鳥を見ながら筋肉質のチキンを噛みしめる。

アフリカで弱肉強食の世界を見るつもりがとーっても穏やかな気持ちになったのでした。
(もはや弱肉強食の本拠地は東京か。。。)

アフリカの大地からたくさんのエネルギーをもらって、さあ、また東京ジャングルでがんばろう!

PR
PR
SHARE
この記事を書いた人

Featured

SERVICES

© 2019 GOODCROSS / privacy policy