受電業務代行します。
在宅で貴社の受電をお手伝い。
在宅勤務体制継続と一部人員に制限しての出社勤務に関するお知らせ
TOP / 言葉 2020.04.10

回復と快復の違い

SHARE
回復

一人一人が日々の生活を気を付けなくてはならない今だからこそ、人と会わずに連絡が取れるメールや手紙を見直す機会なのかもしれません。
漢字が一文字違うだけでその意味が狭まったり、広まったり。
今回のお話はお見舞い状などに使われる「かいふく」についてです。

回復とは

私たちが日ごろ生活をしていてよく目にするのは「回復」の漢字です。
景気や、病気、名誉など様々なものに使います。
辞書にはこのように記載されています。

かい‐ふく〔クワイ‐〕【回復/×恢復】
[名](スル)
1 悪い状態になったものが、もとの状態に戻ること。また、もとの状態に戻すこと。「健康が―する」「ダイヤの乱れが―する」「疲労―」
2 一度失ったものを取り返すこと。「名誉を―する」「信用―」
デジタル大辞泉より

「悪い状態になったもの、失ったものを元に戻す」という良い意味ですね。
今後のニュースで多く耳にしていきたい言葉でもあります。

意外なのは、「天網恢恢疎そにして漏もらさず」でおなじみの「恢」の字を使った「恢復」も「回復」と同じ意味で使われること。
実は「恢」には「ひろい、おおきい」という意味の他にも、「かえる、もどる」という意味を持っているため「回復」の書き換えとしても使えるのです。

快復とは

一方、「快復」はどうでしょうか。

かい‐ふく〔クワイ‐〕【快復】
[名](スル)病気がなおること。「傷が快復する」「快復期」
デジタル大辞泉より

ずばり、「快復」は病気や怪我に関してのみ使われる言葉です。
快気祝いや快癒などに代表されるように「快」にはそれ一文字で「病気が治る」という意味を持っています。
そして、その「病気が治る」という程度は、快気や快癒という言葉からもわかるように「すっかり治る、完治する」というニュアンスが含まれています。

これらのことからお見舞い状に「ごかいふくをお祈り申し上げます」という文章を入れたい場合は「快復」の方が望ましいでしょう。
逆に、「少しずつかいふくに向かっている」という現状を表す場合は、全快状態ではないため「回復」を使う方が無難です。
迷ったら「回復」。お祈りやお喜びは「快復」というように覚えると良いかもしれません。

参考:漢字ペディア / 違いが分かる辞典

24時間365日対応コールセンター
コールセンター ビーコール
PR
SHARE
この記事を書いた人

Featured

SERVICES

© 2020 GOODCROSS / privacy policy