TOP / 社員日記 2019.04.26

バスクチーズケーキの誘惑 広尾BELTZ(ベルツ)

SHARE

スイーツ類の流行は突然やってくるもので、タピオカドリンクが大流行だなあと思っていたら、バスクチーズケーキ時代の到来です。

日本には世界中の美味しいものが溢れていて、新しいものはもう増える事は無いくらいに思っていましたが、まだまだ世の中広かった。

GAZTA の記事のときに初めて聞いて食べたバスクチーズケーキでしたが、その後ローソンでもバスクチーズケーキをバスチーという商品名で大々的に販売スタート。あれよあれよと大人気スイーツになり、今では全国のローソンで品薄状態だという噂。

そして今回ご紹介するのはこちらBELTZのチーズケーキです。

こちらのお店は昨年8月に広尾にOPENしたBELTZ。前回のGAZTA同様売っているものはバスクチーズケーキのみの専門店です。

シンプルで美しいBOXを開けると……。

前回のGAZTAのチーズケーキよりやや小ぶり。周りにあのシワシワの紙もついていませんが、表面がかなり黒いビジュアルはやはりバスクチーズケーキ。

こちらのオーナーはバスク地方に旅行に行った際に出会ったこの地方独特のチーズケーキのあまりの美味しさに驚き、その味と感動を日本の人たちに伝えたいと始めたお店です。

バスク地方は食も含め特有の文化を持った地域で旅行者の人気も高く、気軽に料理をつまみ、お酒が飲めるバルのはしごは一度やると病みつきになるらしく、リピートして訪れる観光客が後を絶ちません。

バルでもデザートとして供されるチーズケーキの材料は殆どがクリームチーズ。たっぷりの卵と少なめの砂糖、そしてほんの少しの小麦粉です。

店名のBELTZはバスク語で「真っ黒」の意。バスクチーズケーキの特徴である黒焦げに見える表面は糖が焦げてキャラメルのような風味になっています。

カットしてみました。ケーキというより、やわらか~いチーズを切っている感じです。

真ん中が少しとろっとしている様はカマンベールチーズの断面のようです。

実際に食べてみると前回のGAZTAよりチーズ感があり、チーズケーキを食べているという感じがします。

そしてこちらのほうがより塩、胡椒、ワインに合いそう。

グッドクロス社内では今回のBELTZのバスクチーズケーキのほうが好きという意見が多かったようです。飲兵衛が多いからかもしれません。

店舗は恵比寿から徒歩で10~15分程歩く場所のみ。オンラインショップでも購入できますが、この長いお休みの間にお散歩がてらにお店に行ってみては如何でしょう。

店舗情報

BELTZ

住所:東京都渋谷区広尾2-2-18

電話:050-7108-1030

定休日:水曜

営業時間:11:00-19:00

公式サイト

PR
PR
SHARE
この記事を書いた人

Featured

SERVICES

© 2019 GOODCROSS / privacy policy