TOP / 五反田 2019.09.17

「だし職人」だし自動販売機

SHARE

東五反田に面白い自動販売機があったと、昼食から帰った熊谷さん、矢後さんが教えてくれました。

だし職人」だしの販売機のようです。

確かに、こんな自販機、他で見たことありません。

上の段にはやまやのうまだし村上すっぽんスープが入っています。

うまだしの隣の村上すっぽんスープ。これはダシとは違うかもしれないけどかなり美味しいんですよね。ウエムラの実家の近くに村上すっぽん本舗があるため、子供のころ風邪をひいたりするとこれを飲ませて貰えました。780円。やっぱり高級品。あ~飲みたい。

やまやのうまだしは缶飲料で、羽田空港で1ヶ月に2万本売れるんだそうです。

やまやといえば明太子で有名な博多の会社ですが、あごを中心とした材料でとるだしパック「うまだし」も美味しいと評判でした。その「うまだし」を手軽に飲める缶飲料が登場したとあって発売当初はSNSなどで大評判になったようです。

この自販機では販売していませんでしたが、うまだしとお茶がブレンドしたうまだし茶も存在するらしく、そちらも気になります。

その下の中段部分には渾身の白だしという商品が。

渾身の白だし

渾身とは、身体全体の力を出してと言う意味に使われます。全身の力をふりしぼって作った、それほどまでに力を入れて作った白だしだぞという売り手の情熱が込められた商品名でしょう。

公式サイトを見ますと、化学調味料不使用、有機小麦、有機大豆を使って作られた白醤油、肉厚のどんこ、天日塩、鹿児島県枕崎産の本枯節、北海道産の昆布、三河の本みりんと、厳選された材料を使って作られています。

そして白だしの下の段にはだし職人のあごだしのだしつゆ。これでお蕎麦など食べるとめちゃめちゃ美味しいという噂で、なんと1本に1尾のあごがまるごと使用されているという商品です。

実際に飲んでみた矢後さんに感想を聞いてみました。

「美味しかったですよ。椎茸の風味が効いています」

飲み過ぎて遊びすぎたお父さん、奥様への顔色伺いのお土産に買って帰られるのにもよろしいんじゃないでしょうか。

 

だし職人自動販売機 ザ・パーク東五反田1丁目

住所:東京都品川区東五反田1-24-1

 

五反田にはもう1か所、東五反田2丁目の駐車場にもこの自動販売機が設置されています。

だし職人自動販売機 ザ・パーク東五反田2丁目第1

住所:東京都品川区東五反田2-21-20

 

その他の都内自販機設置場所はこちら

 

PR
PR
SHARE
この記事を書いた人

Featured

SERVICES

© 2019 GOODCROSS / privacy policy