TOP / 言葉 2016.03.25

「存じる」と「存じ上げる」の使い分け

SHARE

存ず

なんとなく使っている敬語。
改めて考えてみると、新しい発見があるかもしれません。
今回は「存じる」と「存じ上げる」の使い分けについてお話しします。

「存じる」と「存じ上げる」

「存じる」とはすなわち「存ず」。
皆様もご存知のとおり「思う」「考える」の謙譲語、または「知る」「承知する」の謙譲語です。
そしてこれに謙譲の意味をさらに強める「上げる」がついた言葉が「存じ上げる」。
「存じる」より「存じ上げる」の方が敬意の度合いが強いのです。

使い分け

では何故私達は「存じる」と「存じ上げる」の両方を使っているのでしょうか?
「存じる」だけで敬意が伝わるのであれば「上げる」は付けなくてよいし、「存じ上げる」で相手へより強い敬意が払えるのであれば「存じる」という言葉がなくなってしまってもよいはずです。
実は、そこには明確な使い分けがあります。
「存じる」はものへ「存じ上げる」は人へ使う謙譲語だからです。

「商品の価格変更の件、存じております。」
「恐悦至極に存じる次第でございます」
「お名前は兼ねてより存じ上げております。」
「お元気のことと存じ上げております。」

ものよりも人へ敬意を払うと覚えておきましょう!

24時間365日対応コールセンター
コールセンター ビーコール
PR
SHARE
この記事を書いた人

Featured

SERVICES

© 2018 GOODCROSS / privacy policy