TOP / 社員日記 2019.11.11

「焼きあご塩らー麺 たかはし」東銀座店~締めの1杯にオススメのラーメン

SHARE
「焼きあご塩らー麺 たかはし」東銀座店

ラーメン大好きわたくし矢後がおすすめするシュチュエーション別のラーメン店紹介

第5回目のシチュエーションは締めにオススメのラーメン。

なんでしょう。飲んだ後に無性に食べたくなるあの感覚。
ラーメンじゃなくてもうどんもそうですし、お茶漬けもそうです。
多少塩分があるサラサラとしたものを欲してしまう欲求。
飲んだ上に余分だと分かっていても、その時は背徳感はなくただただ満足感。
そんな「思わず飲みの後に締めざるを得ない人」にオススメすべく、平常時にリストアップした締めにオススメのラーメンをリアルに飲んだ後に検証してみましたよ(^^)
今回はヤゴがアゴの『焼きあご塩らー麺 たかはし 銀座店』をご紹介。

西武新宿が本店の「焼きあご塩らー麺 たかはし」は最近店舗が増えていて、飲みの場所はザギン店舗で検証。
最寄り駅は「東銀座」です。
深夜まで営業している点も締めラーメンの重要なポイント。

一昔前まで銀座には老舗のラーメン店しかありませんでした。
ところが近年、ラーメンのインフレ化も進み、ハイクオリティラーメンが高価格でも受け入れられるようになったこともあり、名だたるラーメン店が銀座を目指すようになりました。
まるで鮨屋のようです。

銀座でラーメン屋がやっていけるのか?
果たして結果はお客が途切れなければやっていけるということのようです。
牽引するのはインバウンド客。
外国の方もラーメン好きですからね(^^)
それにしても銀座にチャレンジすること自体が凄いことです。

焼きあご たかはし

この「焼きあご塩らー麺 たかはし」は、大塚から西武新宿に移転した時にブレイク。
アゴ出汁(トビウオ)もレアながら焼き干しを使用するインパクトと、西武新宿駅スグそこの立地も相まって、あれよあれよという間に人気店になりました。
若夫婦で店を切り盛り、という当時の印象は既に過去のもので、今や社長業の奥様が新進気鋭の若手女性経営者と取り上げられるほど、順調に店舗を拡大中。
関東では西武新宿、上野、銀座、歌舞伎町、渋谷、大船、大阪や中国にも進出しています。

焼きあご たかはし

そんな女性経営者が戦略的に選んだ銀座店。
外待ち客に続いたら先客が取引先さん。
「どーもー。昨日お会いしましたね」
飲みの締めらしいです(笑)

焼きあご たかはし

スケールメリットが取れるようになったそうで、焼きあごは単なる仕入れから、オリジナルに切り替えることに成功したとの事。
そんな思いがこもる焼きあごがぶら下がっています。

焼きあご たかはし

こちらは3年前に訪問したときのものですが、写真からもイメージできるように以前はかなり豚骨で白濁したスープに黒いアゴ出汁油が覆っていて、アゴ出汁のさっぱりイメージをガツンとした仕様で覆されたのを覚えています。

焼きあご たかはし

今日訪れて良い意味で締めのラーメンに相応しく進化していました。
ベースの豚骨は白濁を抑え、アゴ出汁そのものも加わっている様子。
黒い香味油は茶色に変わり、より焼きあごの香ばしさが表面に出るようになりました。
カエシは甘めですが嫌味がなく塩分程々、締めで食べ終えた後も罪悪感が全くありません(^皿^)
チャーシューも変更されており、低温調理のものは燻製仕様でした。これは恐れ入りました。

焼きあご たかはし

麺も進化していました。
以前はモチっと歯ごたえがあったのですが、喜多方風の多加水麺に。
より啜りきり易く短くなっていました。
これはかなり重要で、女性客や特に飲んだ後のオッサンには気付かれないけれども食べやすかったという印象を与えます。
よく研究しているなという感想。
今後の展開も要注目です。

焼きあご たかはし

というわけで完飲。同行の熊谷室長も完飲。

並盛の丼が素敵ですが、白い丼は大盛り用と後から気が付きました。
どうやら3年前も私は大盛りだったようです^_^;

飲みやすいスープとチュルチュル啜りやすい麺で締めのラーメンはいかが?

勝手に星評価! by YAGO

スープの濃さ:
麺の加水率 :
具材バランス:

PR
PR
SHARE
この記事を書いた人

Featured

SERVICES

© 2019 GOODCROSS / privacy policy